人生設計の描き方

人生は計画通りに行かないと考えている人も多いでしょう。
計画通りに人生が進んだら面白くないという人もいるでしょう。
たしかに、人生は何が起こるか予想できませんし、どんな未来が待っているかなんて誰にも分かりません。

ですから、将来のことを考えて人生設計をするなんて意味が無いのではないか?と疑問に思うのも当然といえば当然かもしれません。
特に近年はこういった考え方をする人が多くなってきています。
これは社会的な変化に応じたもので、ごく当然の流れなのかもしれません。

たとえば、以前は一度就職すれば後は終身雇用制度によって定年まで同じ会社で過ごすのが当たり前だったですが、現在は転職をする人も多いですし、雇用形態を見ても正社員だけでなく、契約社員などの非正規雇用という形で働く人も増えてきています。

さらに、結婚をしない人の割合もどんどん増えていたり、結婚しても子どもをつくらない人もいるなど、生活の多様性が進んだために人生設計というものを立てにくいという現状があります。しかし、だからといって人生設計をまったく立てずに生活することはかなりのリスクになるのも事実です。

お金の問題一つにしても、高齢化社会が進む一方の日本では定年後の年金生活は今よりさらに厳しいものになっているでしょう。
そんなときに人生設計をしっかり立てた人と立てなかった人の間には大きな違いが出てくると考えられます。
では、若い人が将来に向けて今のうちに考えて置かなければならないこととはどのようなことでしょうか。

まず最初に考えることは人生における大まかなシミュレーションをすることです。
現在は食生活の充実や医療技術の進歩などから男性でも女性でも人生80年の時代です。
この80年という時間をどのように生きていきたいのか、5年単位・10年単位でも構わないので構想を練ってみることが重要になります。
たとえば何歳までに結婚して、何歳までに子どもをつくって、何歳で仕事をやめて、老後は何をするか、というビジョンを持つだけで人生に生きがいを持つことができるでしょう。
またお金についてもしっかりとした計画をたてるようにしましょう。
たとえば人生で一番大きな買い物である住宅を購入するとき、前もって計画を立てて頭金を貯めておくのと、まったく無計画でまとまったお金を準備していないのとでは、後々の人生設計やお金のやりくりに大きな違いが生じます。
はじめのうちは老後の生活費など細かいことは置いておいても、5年・10年といった少し短いスパンでもいいので人生の設計図を書くというのはとても重要です。

将来の事を考えた時に、真っ先に思いうかんでくるのが老後の不安だと思います。
そういった不安を解消するには、ある程度資金が必要になってくると思いますが、お金を一番手堅く儲けるために、複数の収入源を作っておくと非常に効果的です。

こうして、若いうちから未来のことに考えを巡らせて何年、何十年と過ごしてみると、ふと自分の人生を振り返ってみたくなる瞬間が訪れると思います。
自分が成人して、就職、結婚、そして自分の子供が成人するまで30年ほどでしょうか。
辛かったことや楽しかったことの記憶は残っていても、忙しさのあまり写真が撮っていなくて残念に思っている人もいます。
私自身、学生時代から写真を残していなかったので、今になってもっと撮っておけばよかったなあと思っている一人です。
最近はスマートフォンのアプリも普及して、高いカメラを持ち歩かなくても気軽に写真を撮れておしゃれに加工できるようになりました。
ですが、表情やロケーションまではカメラアプリで補えません。
額に入れて飾るような写真は、フォトスタジオで撮ってもらいたいものです。
人生の記録を残せる福岡のフォトスタジオでは、自然な表情を撮影してもらえるということで、人生の転機を迎えたばかりの若いママを中心に口コミで広がっています。
どんな気持ちで、どんな目標を達成してきたのかを振り返る楽しみは、人生の記録を写真に残して今から準備しておきましょう。